MENU

スイーツフェス

371
0

2017年12/16,17の二日間、池袋サンシャインにて行われたスイーツフェスでのロゴ、Webデザイン、会場のビジュアル、ブースなど総合的なデザインを制作。

スイーツフェスとは10代から20代の女性をターゲットにしたイベント。インスタ映えで話題のスイーツショップ、エディーズアイスクリーム(Eddy’s IceCream))や、マックスブレナー(MAX Brenner)、スイートエックスオーグッドグリーフ(Sweets XO Good Grief)、ベアーズシュガーシャック(Bears sugar shack)など全部で6店舗の人気店の特別メニューが楽しめ、さらに、フォトジェニックな写真が撮れるフォトブースが並ぶ、可愛いスイーツと可愛い写真が撮れる、まさに可愛さ120%のイベントです

主催はTastimeというフォトジェニックな飲食店キュレーションアプリを運営する株式会社Tripbox。

イベントのメインとなるフォトブースは全部で7つ。

1つ目は『touche me』ビビッドなイエローの壁に、うさぎのしっぽみたいなポンポンをたくさんつけて、ついつい触ってしまうフォトブース。

2つ目は『over the rainbow 』七色の虹の壁を背景に、レールで動かすことのできる風船を設置。

写真のモデルは自分の好きな色の壁の前に、風船を移動して思い思いのポーズで写真撮影できる。

3つ目はお人形になれる『Doll Box』。

バッグやハイヒールなど女の子のファッションアイテムが飾られたボックスでポージングでまるでドールになったような写真が撮れる。

4つ目はクリスマスシーズンということで、ギフトボックスでクリスマスツリーを製作。プレゼントの山の中に埋もれる夢を叶えられる。

5つ目はジェリービーンズをテーマに、床も壁もポップでカラフルなテイストに。

椅子に座ったり、寝転がったり自由自在。

6つ目はピンクのコットンキャンディが浮かぶドリーミーな世界感。車に乗ってふわふわピンクの世界のドライブが楽しめる。

最後にはTastimeの文字を形どったネオンサイン。ピンクとネオンの光が美顔効果も。

基本のコンセプトは『スイーツ』と『クリスマス』ですが、ただ写真を撮るという行為に、触る、動かす、乗る、などの体験を加えて、初めて一枚の絵になるように設計いたしました。

それぞれのお客様が色々な角度やポーズで写真撮影を楽しんでくれていたり、そんなポーズがあったのか!と良い意味で想定外の写真を撮っているところにとてもクリエイティブさを感じました。